☆しんそう療方書籍紹介☆


200年先の未来は【しんそう療方の考え方が常識】になる!

人類の進化とからだの不自由さや病気の関係が書かれてます。

平成14年初版の本です。

今から15年も前に書かれた本ですが当時骨盤のゆがみという言葉さえあまり知られてなかった時代にすでに人の体はゆがむと不調になるということが書かれており、『だから体の形を治すのが大事』と説いてあります。

健康の原点には何が必要か、それが分かる本です。


その他しんそう療方の書籍

(リンク先▶しんそう大坂会本部のホームページへ)

※当ホームページへ戻る際はブラウザーの【戻る】 からお戻りください